現代短歌社

波動

川島喜代詩

波動

随分と前から僕は、川島喜代詩の歌を鍾愛してきた。
今回、第七歌集『沈黙』までの歌集を通読して、第一歌集『波動』には、川島の詩情の基盤が充分に詠われていると実感した。
歌壇的には川島は「佐藤佐太郎の高弟」のイメージが強く、それがそのまま、川島は厳格な写実主義者、というレッテルに繋がったふしもある。
だが、この『波動』は、写実主義の一言には括れない柔軟な詩情に満ちている。
黒瀬珂瀾(文庫版解説より)

川島喜代詩没後15年を記念し、第一歌集文庫に入集!

  • 冬の日の鋪道が遠くきはまりて陸橋となる隆起見えをり
  • 人混みをわれの来しとき街川は潮退きしまま泥が暮れゆく
  • かぎりなき波動のなかに波がしら折ふしにして立てるさびしさ
  • 地下室となるべき位置の鉄骨が雨ふるなかに組まれつつあり
  • 妻のゐる窓をまじへしアパートの灯の群落に向ひてあゆむ
  • 定価:880円(税込)
  • 判型:文庫判
  • 頁数:170頁
  • ISBN:ISBN978-4-86534-394-6
  • 発行日:2022年4月24日
  • 発行:現代短歌社
  • 発売:三本木書院

購入はこちら ご注文はメールまたはお電話でも承ります。
info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る