現代短歌社

歌集出版のご案内

書きためた作品を
歌集にまとめませんか?

歌を作りはじめて何年になりましたか?
毎月5首作る方は5年、10首作る方なら2年半で作品が300首たまります。
それらを一冊の歌集に編むことで、あなたもいよいよ歌人の仲間入りです。
歌数が300首を超えたら、お気軽にお電話下さい。
みずからも歌を作る“歌のわかる”編集者があなたの歌集の上梓をお手伝いします。

歌集ができるまで

お預かりした原稿が一冊の歌集になるまでには、およそ3ヵ月かかります。この間、小社にてプロの目で校正を行うとともに、著者のもとにも初校、再校とゲラを2度お届けし、ご確認いただいています。装丁、造本についても、ご希望をお聞きした上で案をお出しし、ご満足いただけるものをめざします。

いつ出すかを決める

いつまでに出したい、という日を定めたら、その日から逆算して3ヵ月前までに原稿を整えてください。だたし、お急ぎの場合はご相談に応じます。

よくあるご質問

原稿は清書しなければいけませんか?

清書が原則ですが、例外にもご対応します。

歌集を編む仕上げに、原稿用紙またはパソコンで清書されるのが原則かと思いますが、清書が困難なご事情がおありの場合、発表された作品のコピー等があれば歌集はおつくりできます。

1ページ何首組にすればいいですか?

3首組が一般的です。

著者のご希望によりますが、第一歌集の場合、1ページ3首組で200ページ前後とされるケースが多いようです。歌数が多い場合、4首組、5首組をおすすめすることもあります。

何部から作れますか?

300部以上を目安にお考えください。

出された歌集を歌壇や結社の方々に謹呈されることを想定した場合、300部以上が目安になります。より少ない部数(例えば100部)でもご対応は可能ですが、費用が大幅に下がることはありません。

費用の目安

歌集出版にかかる費用は、判型、ページ数、発行部数等によって変わります。スタンダードな四六判上製(ハードカバー)の費用の目安を下表にお示しします。

四六判・上製の場合

献本までお任せください

歌集ができた後も心配ありません。謹呈先のリスト作成のアドバイスから実際の梱包・配送作業まで、小社にお任せください。
費用は上記に含まれています(郵券代実費+厚紙封筒代別途)。

トップに戻る