現代短歌社

meal

meal

gift10叢書第41篇

「食べることがとにかく楽しみである。食べること抜きに人生というものを考えることはできない。」(「後記」より) 
食べては詠み、詠んでは食べる。その旺盛な食欲と創作欲が子規をも彷彿させる、山下翔の第2歌集。

  • ぬるい寿司腹へおとしてかすかある酢飯のにほひ夏を濃くする
  • 家にひとつの家の味あるかなしみをお盆が来ればおもひ出だしぬ
  • 卵かけご飯が醤油の味だつたごはんの時間しあはせだつた
  • 定価:2,200円(税込)
  • 判型:四六判ソフトカバー
  • 頁数:332頁
  • ISBN:ISBN978-4-86534-387-8
  • 発行日:2021年12月25日
  • 発行:現代短歌社
  • 発売:三本木書院(gift10叢書第41篇)

購入はこちら ご注文はメールまたはお電話でも承ります。
info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る