現代短歌社

蓮池譜

西藤定

蓮池譜

gift10叢書第39篇

第8回現代短歌社賞受賞

〈「栞」より〉
先行きの不透明な時代の中で、作者はこれからどう生きていくのか。
そして、作者の持つ知はどこへと向かうのか。(松村正直)

どきどきするこの気分はたまらない。定型が出来事を見事なまでに心地よく
招いているから読者のわたしも便乗できる。(谷川由里子)

洒脱に遊んでみせながら、あくまでも従順で、真面目。いな、その遊戯性さえ
真面目さのうちだ。(川野芽生)

  • 沈丁花 架空の文字を考えてそれが漢字に似てしまうまで
  • 橄欖油ためらいがちに鍋へ落ちキリエ雨より海は生まれき
  • 首都高の高さの窓で息をつくあいつはだめですと俺も言う
  • 定価:2,750円(税込)
  • 判型:四六判ハードカバー
  • 頁数:198頁
  • ISBN:978-4-86534-380-9
  • 発行日:2021年9月28日
  • 発行:現代短歌社
  • 発売:三本木書院(gift10叢書第39篇)

購入はこちら ご注文はメールまたはお電話でも承ります。
info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る