現代短歌社

撤退

小松昶

撤退

gift10叢書第33篇

コロナウイルス蔓延の前から病院は戦場であった。
医師の撤退は患者を見捨てることに他ならない。
だが、撤退しなければ、ときにみずからが深い傷を負った。
大学が派遣医師の撤退を決めれば、壊滅的な打撃を被った。
長年、麻酔科医として働いた著者の苦悩が凝縮する第三歌集。

  • 口きかず咳もなさざる亡骸に触れてならぬか消毒するに
  • 集中治療の要【かなめ】は麻酔科と執拗に撤退回避を院長迫る
  • 幾万の手術の麻酔を担ひしが吾を覚ゆる幾たりありや
  • 定価:2,800円(税別)
  • 判型:四六判ハードカバー
  • 頁数:244頁
  • ISBN:978-4-86534-348-9
  • 発行日:2020年12月4日
  • 発行:現代短歌社
  • 発売:三本木書院(gift10叢書第33篇)

購入はこちら ご注文はメールまたはお電話でも承ります。
info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る