現代短歌社

黄昏

三枝浩樹

黄昏

gift10叢書第30篇

虚無と祈りの間で、揺れ続けた、あの頃。
時をかけておぼえたのは、かなしみや痛みに馴れること、かもしれない。
黄昏の、明るいしずけさのなかに歩み出す、第七歌集。

  • こころの襤褸【らんる】繕うための閑ありてかたえのひとと二人過ごせる
  • 好きな時間はcrepuscule【クレプスキュール】 そうだった昔はきみのかたわらにいた
  • もうすこし行く行けるところまで フルートのひかりの中にピアノ鳴りいづ
  • 定価:2,600円(税別)
  • 判型:四六判ソフトカバー
  • 頁数:290ページ
  • ISBN: 978-4-86534-333-5
  • 発行日:2020年7月30日
  • 発行:現代短歌社
  • 発売:三本木書院(gift10叢書第30篇)

購入はこちら ご注文はメールまたはお電話でも承ります。
info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る