現代短歌社

裸足のステップ

高尾恭子

裸足のステップ

gift10叢書第28篇

「ありふれた一市民」、そのように自らをいう著者は、京都生まれの大阪人。
気ばたらきの一方にある、ユーモアのセンスは、どこで養われたのだろう。
窮屈な靴など脱ぎ捨て、裸足で踏み出すステップは、〈市民〉としての足跡を軽やかに残していく。
久我 田鶴子(帯文より)

  • 底冷えの京の町家に蓬髪の母は流離の灯りをともす
  • 打たれても鋼になれず仰ぎ見る月は乱麻の鎌ほどに鋭【と】き
  • 纏足のようなパンプスぬぎすてし女こぞりて現在【いま】を駆けゆく
  • 定価:2,000円(税別)
  • 判型:四六判
  • 頁数:174ページ
  • ISBN: 978-4-86534-334-2
  • 発行日:2020年6月27日
  • 発行:現代短歌社
  • 発売:三本木書院(gift10叢書第28篇)

購入はこちら ご注文はメールまたはお電話でも承ります。
info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る