現代短歌社

海、または迷路

小田鮎子

海、または迷路

gift10叢書第25篇

鮎子さんの歌には、「わが子だけ」、自分だけといった発想が根本にない。社会批評というような鋭い角度をもつものではなく、ごく自然にそれがないのだ。いつも相対化することのできるまなざしをもっている。 阿木津英

  • 春キャベツ手で裂きながら毎日を壊してみたき欲望生まる
  • 園庭にわが子を探すわが子だけ探せば迷う深き迷路に
  • 妻という椅子に深深と腰掛けて飲み干している食前酒【アペリティフ】かな
  • 定価:2,500円(税別)
  • 判型:四六判
  • 頁数:190頁
  • ISBN:978-4-86534-308-3
  • 発刊日:2019年12月3日
  • 発行:現代短歌社
  • 発売:三本木書院(gift10叢書第25篇)

購入はこちら ご注文はメールまたはお電話でも承ります。
info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る