現代短歌社

思郷

吉田信雄

思郷

四世代で暮らした平穏な日々が、原発禍によって、一瞬にして打ち砕かれる。
ゆえなく故郷を逐われた者は、ただただ故郷への思いをつのらせるほかなかった——。
為政者よ、電力会社よ、聞け、この声を。その何首かを諳んじて、人に伝えよ。

  • 震災前は大家族でした いまさらに言へど詮無し二人となりぬ
  • 頭から靴の先まで覆はれて忿【いか】りはめぐる防護服のなか
  • 泡立草は丈高く生ふ原発の地を常闇【とこやみ】に閉ざさむとして
  • 定価:2,500円(税別)
  • 判型:四六判
  • 頁数:222頁
  • ISBN:978-4-86534-309-0
  • 発刊日:2019年10月29日
  • 発行:現代短歌社
  • 発売:三本木書院

購入はこちら ご注文はメールまたはお電話でも承ります。
info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る