現代短歌社

夏歌ふ者

森ひなこ

夏歌ふ者

gift10叢書第18篇

細胞検査士なる仕事は、著者が広島に生まれた事実と、どう見ても繋がっている。どこまで意識的だったかは別としてそこに著者の、人類の痛みに触れようとする魂を感じる。
山本光珠(「跋」より)

  • 希少癌見つけてああと声をだす今日初めての発語のやうな
  • 首深く折りて白鷺佇めり「原爆スラム」のありしあたりに
  • 夏歌ふ者の心を人知るや 咽喉【のみど】かれゆく夏の鶯
  • 2,500円(税別)
  • 判型:四六判ハードカバー
  • 頁数:232頁
  • ISBN:978-4-86534-252-9
  • 発刊日:2019年7月26日
  • 発行:現代短歌社
  • 発売:三本木書院(gift10叢書第18篇)

購入はこちら ご注文はメールまたはお電話でも承ります。
info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る