現代短歌社

立山連峰

島田達巳

立山連峰

雪深い国から出郷した青年は、「三つの職種と五つの職場」(あとがき)を移りながら、社会的なキャリアを築いていった。いわば立身出世を果たしたのだが、島田さんの歌にはそういう成功者にありがちの嫌みがない。ここに引いた歌に笑まずにはいられないのだが、盗みたいという衝動の走った後ろ暗い記憶。おずおずと友の煙草ケースに手を伸ばすうしろめたさ。小心なところもあるのだろうと思うが、それらを何の邪気も無くみずからの上にうべなう。島田さんのこころの生地にはそういう素直さがある。(阿木津英「跋」より)

  • 学会の研究発表ある朝は不安がよぎる七十歳(ななじゅう)のいまも
  • たばこ絶ち一年を経ておずおずと友の煙草箱(ケース)に手を伸ぶる夢
  • 終戦後盗りたくなるほど欲しかりしバナナひと房百円に買う
  • 定価:2,500円(税別)
  • 判型:四六判変型ソフトカバー
  • 頁数:230頁
  • ISBN:978-4-86534-247-5
  • 発刊日:2019年1月29日
  • 発行:現代短歌社
  • 発売:三本木書院

購入はこちら ご注文はメールまたはお電話でも承ります。
info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る