現代短歌社

胡麻よ、ひらけ

草柳繁一

胡麻よ、ひらけ

草柳の歌を読むと、短歌の自由さに触れ直したような気持ちになる。リズムの気持ちいい歌や、喩を通じてこころを詠う歌。他にも、妻や娘のことを素直に愛する歌などもある。(中略)一見まとまりがなくてばらばらなようにも見えるが、しかし何度も読んでいくと、どの歌も草柳らしい、自在な息づかいがあるように感じられてくるのである。(阿波野巧也「解説」より)

  • 胡麻よひらけ胡麻よひらけといふ声の低き呪言(じゆごん)の今宵きこゆる
  • 荘周が夢に胡蝶となりて飛ぶ眩ゆき春になりにけるかな
  • これやこの心の交換(コレスポンダンス)或る夜閃き或る夜仄かに
  • 定価:800円(税別)
  • 判型:文庫版ソフトカバー
  • 頁数:190頁
  • ISBN:978-4-86534-225-3
  • 発刊日:2018年6月9日
  • 発行:現代短歌社

ショッピング機能は現在準備中ですので、下記メールアドレスまたはお電話でご依頼ください。 info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る