現代短歌社

無数の耳

大西民子

無数の耳

たとえ表現された歌の内容にたどり着けてはいないとしても、民子の歌にはその世界に身を委ねていられるたのしさがある。民子の歌の底には、さびしさ・かなしさ・なつかしさが深く漂っている。ただ甘く夢想的な歌との違いが、そこにある。(坂梨隆三「解説」より)

  • 切り株につまづきたればくらがりに無数の耳のごとき木の葉ら
  • てのひらをくぼめて待てば青空の見えぬ傷より花こぼれ来る
  • みづからを錘(おもり)となして沈みゆく夜々に藻草(もぐさ)のまつはりやまず
  • 定価:667円(税別)
  • 判型:文庫版ソフトカバー
  • 頁数:121頁
  • ISBN:978-4-86534-040-2
  • 発刊日:2014年8月24日
  • 発行:現代短歌社

ショッピング機能は現在準備中ですので、下記メールアドレスまたはお電話でご依頼ください。 info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る