現代短歌社

空に響る樹々

秋山佐和子

空に響る樹々

子どもに対しての透明な母性と夫に対するときの官能性、両者がいかにも純真に発露する作者像は、作者本来の素直さと優しさ、恵まれて安定した生活の実感に裏打ちされて、ゆったりとした説得力をもっている。(米川千嘉子「解説」より)

  • 幹を抱くふたり子の指届くとき銀杏ひときは明るく燃ゆる
  • アスファルト焼けつくハーレム犬の背に老婆のろのろ水流しやる
  • ビルは垂直 湖(うみ)は水平 原初よりをみなは男をまろやかに抱き
  • 定価:667円(税別)
  • 判型:文庫版ソフトカバー
  • 頁数:116頁
  • ISBN:978-4-906846-59-7
  • 発刊日:2013年5月6日
  • 発行:現代短歌社

ショッピング機能は現在準備中ですので、下記メールアドレスまたはお電話でご依頼ください。 info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る