現代短歌社

月語抄

伊藤一彦

月語抄

闇の暗さが深ければ深いほど月の光は際立つ。悩みや迷いが深いほど、月光は一条の救いの言葉となり、恩寵となる。悩みは人間としての誠実さのしるしであり、突き詰めるからこそ苦しいのである。(谷岡亜紀「解説」より)

  • 時間なき闇におのれを放つべく睡る夜ごとの声もなかりき
  • 桃落つる音して見えぬくらがりや死者涵(ひた)す水われに充ちくる
  • 何ゆえに奢り心のさびしきや月夜ふたたび貧血したる
  • 定価:667円(税別)
  • 判型:文庫版ソフトカバー
  • 頁数:107頁
  • ISBN:978-4-86534-121-8
  • 発刊日:2015年9月28日
  • 発行:現代短歌社

ショッピング機能は現在準備中ですので、下記メールアドレスまたはお電話でご依頼ください。 info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る