現代短歌社

寡黙な鳥

長島 蛎

寡黙な鳥

「異端者」の自覚は、時に世間の主流に対する嫌悪と羨望として、自己批判を含みつつ蛎の心に渦巻いていたのではないか。(略)完全な孤立にも、運動の全体にも身を振ることができず、両側から侵食され続けた愚かな自己は、やがて灰色のかなしみを吐き出す。蛎の歌はだからいつでも、灰色の抒情歌なのである。(濱松哲朗「解説」より)

  • 肌寒く靄の流れる街上を追いつめられし蛾の如く行く
  • 肯定と否定の間にかくも狭く脆き世界のありて我が生く
  • 逆光にその色彩を失えば造花は造花の世界にしずむ
  • 定価:800円(税別)
  • 判型:文庫判ソフトカバー
  • 頁数:192頁
  • ISBN:978-4-86534-221-5
  • 発行日:2018年1月7日
  • 発行:現代短歌社

購入はこちら ご注文はメールまたはお電話でも承ります。
info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る