現代短歌社

遠音よし遠見よし

伊藤一彦

遠音よし遠見よし

見通しのきかない時代に、牧水の心をたずさえて各地を旅する著者。世界を肯いたいと願う著者の、牧水の、日本人の心の声が、遠くこだまする第十四歌集。

  • 鄙のわが家のあたりは春泥のいまだ滅びず人の足待つ
  • 住み悪しき国になりぬと言はぬまま里は花咲き鳥啼きてゐる
  • 遠音よし遠見よし春は 野への道ひとり行きつつ招かれてをり
  • 定価:2,700円(税別)
  • 判型:四六判ハードカバー
  • 頁数:209頁
  • ISBN:978-4-86534-223-9
  • 発行日:2017年12月15日
  • 発行:現代短歌社

ショッピング機能は現在準備中ですので、下記メールアドレスまたはお電話でご依頼ください。 info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る