現代短歌社

現代短歌
2013年9月創刊 毎月14日発行

現代短歌 2018年3月/55号

現代短歌 2018年3月/55号
定価:750円(税込)

2018年2月14日発売 A5判/168頁
6ヵ月購読料:4,500円(送料・税込)
年間講読料:9,000円(送料・税込)

ショッピング機能は現在準備中ですので、下記メールアドレスまたはお電話でご依頼ください。 info@gendaitankasha.com


目次

  • 二人五十首

    大田美和/江田浩司

  • 特集 分断は越えられるか

    非連続の連帯へ/瀬戸夏子
    「貧困の抒情」のために/山田航
    リセットということ/佐藤通雅
    分断と文学の可能性/大田美和
    分断をもたらすもの 〜沖縄の現在〜/屋良健一郎
    パネルディスカッション「分断をどう越えるか〜福島と短歌〜」齋藤芳生・高木佳子・本田一弘
    [作品7首「福島は今」]
    小林真代/高木佳子/吉田信雄/山田純華/佐々木喜代子/伊藤正幸/鈴木博太/大谷湖水/奥山隆/紺野乃布子/紺野節/青木新一/会田ハツ子/波汐國芳/波汐朝子/今野金哉/三浦こうこ/小川静弥/久住秀司/菅野福江/齋藤芳生/金澤憲仁/上石隆明/近藤千恵/本田一弘

  • 鼎談

    連続対話「平和と戦争のはざまで歌う」を振り返る
    時代の危機を語る言葉を求めて

    三枝昻之・永田和宏・吉川宏志

  • 作品連載24首

    加藤英彦・内山晶太・森垣岳・鳥居

  • 時評

    歌壇時評/堀田季何・北村早紀
    作品時評/間瀬敬・近藤かすみ
    詩のプリズム/喜多昭夫

  • 連載

    書架に短筒/塚本靑史(※「塚」は点あり)
    うたで描くエポック 大正行進曲/福島泰樹
    歌論夜話/寺井龍哉
    短歌って何?/鳥居
    バトン連載 十首でわかる短歌史/浅野大輝

  • コラム

    短歌歳時記(三月のうた)/梶原さい子
    もう一人の師/鈴木和雄
    秘蔵の一冊/生沼義朗

  • スクール

    アララギの系譜/横山季由
    読者歌壇/千々和久幸・前田康子

表紙写真/植本一子
表紙・目次デザイン/かじたにデザイン 梶谷芳郎・桑野由貴子
イラスト/よしろう・針生卓治

class="fl"

TOPページに戻る

トップに戻る