現代短歌社

現代短歌
2013年9月創刊 毎月14日発行

現代短歌 2017年10月/50号

現代短歌 2017年10月/50号
定価:750円(税込)

2017年9月14日発売 A5判/168頁
6ヵ月購読料:4,500円(送料・税込)
年間講読料:9,000円(送料・税込)

ショッピング機能は現在準備中ですので、下記メールアドレスまたはお電話でご依頼ください。 info@gendaitankasha.com


目次

  • 特集 くだものの歌

    [秋のくだものを詠む]
    斎藤博・古玉従子(「従」の上部は「人」ふたつ)・大河原惇行・高貝次郎・大衡美智子・伊藤一彦・大森智子・中塚節子・時田則雄・大山志津子・久々湊盈子・三枝浩樹・小池光・春日いづみ・木村雅子・塚本瑠子・倉益敬・渡辺松男・久我田鶴子・小島ゆかり・米川千嘉子・福士りか・清水亞彦・梶原さい子・目黒哲朗・高木佳子・山階基・武田穂佳・山下翔
    白秋とむべ/大松達知
    茂吉と通草/小泉博明
    佐太郎と柘榴/香川哲三
    柿・旅・女性/大辻隆弘(「辻」のしんにょうは点ひとつ)
    比喩としての果実/棗隆
    なぜ葡萄には名歌が多いのか/鷺沢朱理
    能と狂言を彩るくだもの/松本典子
    くだものの歌一〇〇首/前田康子選
    秋のくだものの歌を詠むヒント/前田康子

  • 二人五十首

    工藤玲音/奥村晃作

  • 追悼 徳山高明

    漂蕩する精神/皆川二郎

  • 作品連載24首

    内藤明・齋藤芳生・山本夏子・屋良健一郎・大森静佳

  • 作品13首

    鵜飼康東・高橋元子・長澤ちづ・石川美南

  • 時評

    歌壇時評/小田鮎子・堂園昌彦
    作品時評/田村元・寺島博子
    詩のプリズム/喜多昭夫

  • 連載

    書架に短筒/塚本靑史(「塚」は点あり)
    バトン連載 十首でわかる短歌史/松村由利子
    岡野弘彦論/川涯利雄
    うたで描くエポック 大正行進曲/福島泰樹
    歌論夜話/寺井龍哉
    短歌って何?/鳥居

  • コラム

    短歌歳時記(十月のうた)/佐伯裕子
    もう一人の師/土岐友浩
    秘蔵の一冊/鈴木英子

  • スクール

    アララギの系譜/横山季由
    歌論演習/松坂弘
    読者歌壇/久我田鶴子・大下一真
    沖ななもの短歌塾 /沖ななも

  • 第一歌集ノオト

    猪足和代歌集『玉章』/松平盟子
    安藤なを子歌集『遠きへと』/結城千賀子
    井上久美子歌集『マザーリーフ』/君山宇多子

表紙作品/木田詩子 表紙撮影/佐々木英豊 協力/呼友館
表紙・目次デザイン/かじたにデザイン 梶谷芳郎・桑野由貴子
イラスト/よしろう・針生卓治

class="fl"

TOPページに戻る

トップに戻る