現代短歌社

うたで描くエポック 大正行進曲

福島泰樹

うたで描くエポック 大正行進曲

gift10叢書第14篇

大正時代を生きた人々に抉るような傷を与えた大逆事件。時代が再びきな臭さを増す今日、福島泰樹の眼の前に、死者がよみがえり、踊りながら歩き出した。ひらめくナイフの光のように危険な第三十一歌集。

  • 「十二人とも殺されたね」うん、深川行きの小窓に映る淺草の灯よ
  • どこを刺しても滲み出る血は大杉の臭いしかないアナーキストの
  • 電線に引っかかってた黒い布、弔旗となりて春来【きた】るべし
  • 定価:3,000円(税別)
  • 判型:A5判ハードカバー
  • 頁数:250頁
  • ISBN:978-4-86534-244-4
  • 発刊日:2018年11月30日
  • 発行:現代短歌社
  • 発売:三本木書院(gift10叢書第14篇)

購入はこちら ご注文はメールまたはお電話でも承ります。
info@gendaitankasha.com


※ご注文いただく時点で品切の場合もありますので、ご了承ください。

TOPページに戻る

トップに戻る